警報器
防走失背包
追奶
貼紙書
親子餐廳
親子共讀
積木
產後瘦身
教養
拼圖
戒夜奶
副食品

ステラは先程のブレスレットとは

"  ステラは先程のブレスレットとは色が異なる、白色の物を机の引き出しから取り出し、サキカに手渡してきた。 ブレスレットに刻み込まれた魔方陣を読み取ると、これは魔力を五分の一に買日本樓風險え

"   ステラは先程のブレスレットとは色が異なる、白色の物を机の引き出しから取り出し、サキカに手渡してきた。  ブレスレットに刻み込まれた魔方陣を読み取ると、これは魔力を五分の一に 買日本樓風險 えるものだろうということがわかる。  サキカは受け取ったそれを、無言で己の左腕につけた。 「……これでもAAAランク下位ぐらいね」  ステラが軽く溜息を吐いた。 「仕方がありませんよ。俺はこれでもXランクですから」 「そうですよ。サキカの魔力量が多いのは、当たり前です」  ──最強なのだから。  今まではそれが理由で忙しく、学園に通えなかった。だが、戦争がおさまりつつある今は以前程忙しくは無くなり、通うことが出来る。  そして、それが理由で今までの同年代の子供に関わることすら少なく、友人はガイアと二人の少年だけだった。 「……友人は、出来るでしょうか」  無意識にポツリと呟く。 「ああ、すぐに出来る」  独り言だったにもかかわらず、ガイアは答えてくれた。 「……そう、だよね」  こんな自分に、友人とやらは本当にできるのだろうか。同年代の子供と話す機会も少なく、共通の話題を見つけるのにも苦労しそうなサキカに。  ──昔のように、忌避され、疎まれてしまうのではなかろうか。  顔が強張る。しかし、サキカは弱音を吐くわけにはいかないのだ。最強と呼ばれ、皆に頼われる存在であるサキカは、弱い面を他者に見せるわけにはいかないのだ。  抱いた不安を隠すように、サキカは笑顔を作り、それをガイアに向けた。